読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7つの卵

7つの卵から何が産まれるか?自分を見つけ直すきっかけにしようとブログを書くことにしました。

雨上がりのコンクリート

雨上がりのコンクリートのように、

全てが洗い流してくれればいいと感じる。

ただ、可能であれば乾いた冷たいコンクリートより

芽を生やし、緑を増やせる土でありたいと私は思う。

 

そこに生きることこそが、皆に幸せを与えられるような人になりたい。

そのためには、どんなことでも我慢強く辛抱強く笑って流せるひとでありたい。

人を妬まず許し合える人が増えれば個性を尊重して

人はもっと幸せを感じることができるのだろう。

 

個性とは、きっと表裏一体だ。

 

いい部分を認めるのであれば悪い部分も許すことが必要である。

相手のいい部分が見つけられないのであれば、

人を信じることからはじめるべきなのかもしれない。

幸せを認めるのであれば不幸も同時に起こり得る。

 

今はまだ雨上がりのコンクリートのように、

そこには何も咲かないただ忘れ去られる時間があるだけだ。

 

エマソン 自分を信じ抜く100の言葉

エマソン 自分を信じ抜く100の言葉

 

 

価値ある自分に出会う20の質問  「自分ダイヤモンド」の見つけ方

価値ある自分に出会う20の質問 「自分ダイヤモンド」の見つけ方

  • 作者: 豊田祐輔,元気が出る本」出版部
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

  

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)

 

 

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

 

  

外国人だけが知っている美しい日本

外国人だけが知っている美しい日本

 

 

 

恋活と婚活の違い

婚活するために恋活をするという。

 

だけどなんだか違和感を感じる。

 

恋は自然なもので婚活は計画的なものだと思う。

勿論、恋をして計画的に結婚できれば幸せだろう。

だけど恋をした自分はとても弱くなってしまう。

 

10年後、20年後、恋をして結婚した人もそうでない人も

同じ条件になっているのであれば、自分にとっては、結婚をするという明確な目標の方があっている気がする。

 

それであれば恋より強くいられる自信があるから。

 

 

運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー

運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー

 

 

 

苦しみから抜け出す方法

どんなに忙しい時期でもどんなにしんどい時期でも頑張れるとき。

暇な時間が多くても、楽に生きようと努力しても辛いとき。

 

まわりの環境など関係ないことに気がつく。

 

そういえば、最近嫌われる勇気という本を読んだ。

記されていること。

 

苦しみから抜け出す方法はたった1つ。他の人を喜ばせることだ。「自分に何ができるか」を考え、それを実行すればよい。

 

他の人を喜ばせることは苦しみからの開放につながる。

でも、それが当たり前とまわりがいうほど

苦しみから開放されることはないだろう。

 

だから感謝することを忘れないでいよう。他の人をたくさん喜ばせよう。

 

自分に見返りがあるからとか関係なく、まずは自分ではじめよう。

「自分が何をしたいか」を追求すると真実がより見えなくなるから

まずは「自分に何ができるか」だけで十分だ。

 

それが未来に繋がるのだから。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

よくも悪くも

何かを善悪で判断し過ぎるとしんどいときがある。

 

経験や思い込みは時として自分を苦しめることがある。

 

こうだという思い込みは時に人を傷つけることがある。

 

だからこうだと決めつけない。

いろんな人がいていいのだから。

 

ただし、自分は人に対して誠実に、優しく生きればいいのだから。

受け入れよう。

 

それが以外にも一番ラクなことである。

 

 

 

あなたはあなたのままでいい! 自分とうまく つきあう方法27

あなたはあなたのままでいい! 自分とうまく つきあう方法27

 

 

 

 

 

人間生活大事にしてますか?

花を見て美しいとか、空を見て星の数を数えてみたり…

心に余裕があるってきっとそういうことなんだろうと思う。

 

心に余裕がある人は人に優しくなれる。

 

心に余裕を持つってどういうことだろうか。

 

欲しいモノを手に入れて憧れの人のように着飾って…

満足しているけど、

 

きっとそれは心の余裕とは違う。

 

人からどう見られるか、それが大事なのではなく

何もないところからも幸せを感じられることだろうと思う。

 

明日は何が待っているのだろう。

きっとそれは、平凡な生活だけどそれが一番幸せなのだと。

 

人間生活大事にしてますか?

 

自分に問う。

 

私は何も流されない。雑音が聞こえない世界に身を委ねてみる。

 

今日はなんだか幸せだ。

 

 

 

ハチドリのひとしずく いま、私にできること

ハチドリのひとしずく いま、私にできること

 

 

 

世界がもし100人の村だったら

世界がもし100人の村だったら

 

 

「好き」という言葉。

彼が絶対云わないと話した言葉。

「好き」という言葉。

 

彼が恐れているのは、傷つきたいない自分なのか。

「好き」と言うことで、離れていった彼女なのか。

 

彼の過去を聞くことを恐れ好きになれずにいる。

 

シンプルに生きることが難しい。

それはきっと自分自身が複雑にしているのだろう。

 

 

 

THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則 (ワニ文庫)

THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則 (ワニ文庫)

 
現代版ルールズ

現代版ルールズ

 

 

男が「本当に考えていること」を知る方法 (王様文庫)

男が「本当に考えていること」を知る方法 (王様文庫)

 

 

30代からの恋愛ルールズ

30代からの恋愛ルールズ

 

 

 

トンネル。

復活したかなと思ったけど思ったより根深い。

 

一旦トンネルに入りこむと一生懸命出口を探そうとすればするほど

苦しくなる。

 

誰のせいでもない。

 

誰かが落とし込むような気がする。

でもきっとそれは、自分が創りだした幻想にすぎない。

 

そうだと思うとそういう風になる。

だから決めつけちゃダメ。

 

迷いこんだトンネルは暗く抜け出せそうもない。

でも実はトンネルなんてないんだといつ気がつくのだろうか。

 

人は心理学で永遠に幸せになれる

人は心理学で永遠に幸せになれる

 

 

 

 

 

37.5歳のいま思う、生き方、働き方

37.5歳のいま思う、生き方、働き方

 

 

 

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII