7つの卵

7つの卵から何が産まれるか?35歳女性のつらつらと描く備忘録集。

生きてこそ。

誰もが偽者に見え、抜け出せれないトンネルに入り込む。

 

私は一体何者なのか?

自分自身に問う。

 

そんな日々が半年続いた。

 

そう、症状は関連性障害であろうか。

全てにおいて関連付けて考えてしまう。

 

あ〜今日のテレビ報道「刑事が殺害されました…」

"これってもしかして?"なんて不謹慎な考えから抜け出せれない。

 

今日話した話題が他で関連付けて考えるようになる。

"あれ、これってさっき話していた話題だよね、誰かが聞いていたのかな?

盗聴されているのか?"

 

周りに対して信じられなくなり、不安と恐怖で眠れない。

今日は2時間か…

眠くもない…

 

何かがおかしい?

そう気がついてくれたのは父と姉、母だった。

 

病院に運ばれ、保護室へ…

 

盗聴、幻覚、幻聴…

 

そう、とうとう私はある病に侵されていると判明。

その病名は統合失調症

 

今や100人に1人は苦しむ病気だ。特に女性に多い。

あまりにひどい妄想により自殺まで考えてしまった時期もあった。

そう考えると、今自殺や悩みを抱えている人はもしかしたら精神の病を

患っている可能性が高いかもしれない。

 

だから思う。

早期発見、早期治療。

 

どんな病気もそうだ。

そう、どんな大切な家族であろう、仕事であろう、

全ては生きてこそ。

 

精神病院やらクリニックやら、通院する自分を認めたくない、

そんなことたいした問題ではなかったと今は思う。

 

だからこそ、今悩んでいる人に思うのは

気軽に病院に行ってほしいと切に願う。

そして、そんな苦しんでる友人や家族に対して

どう思われても構わないと思い薦めてほしいと思う。

 

ストレス社会だからこそ、誰もが他人ごとではないのだ。

生きてこそ、笑顔で未来を語れるのだから。

 

マンガでわかる!統合失調症

マンガでわかる!統合失調症

 

 

 

統合失調症がやってきた

統合失調症がやってきた

 

 

精神科の薬がわかる本 第3版

精神科の薬がわかる本 第3版

 

 

一皿の料理のように濃厚!伊藤園の野菜ジュース